The Beatles

ビートルズ関連情報

ビートルズに関連した情報をお知らせします。

 

 

 

待望の最新ツアーの来日公演が、急遽決定しました!

 

<公演概要>
PAUL McCARTNEY ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017
ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017

 

■公演日程
4月27日(木)、4月29日(土)、4月30日(日) 東京ドーム
開場 16:30 / 開演 18:30 (予定)

 

■料金(全席指定・税込)
S席 18,000円 A席 16,000円 B席 14,000円

 

とりあえず、3公演のチケットをビートルズクラブよりGET!!

 

続きを読む≫ 2017/01/06 14:07:06

11月18日に映画『THE BEATLES - EIGHT DAYS A WEEK』のDVD/Blurayが発売されることをアップルが発表した。

 

収録時間:100分間

 

2枚組の特別コレクターエディション(DVD/BD)には以下のものが含まれる:
DVD/BDの本編盤
ボーナス盤(以下でハイライトされる、約100分間のボーナス映像を収録)監督のRon Howardによる序文、音楽ジャーナリスト兼ライターのJon Savageによるエッセー、そしてビートルズプライベートアーカイブのレアな写真を収録した64ページのブックレット。

 

Words & Music(24分間)
4人がソングライティングそして親の世代の音楽の影響、Lennon/McCartneyが他のアーティストに提供した音楽、個々のミュージシャンとしてのビートルズ、そして革新者としてのビートルズについて語る。Howard Goodall、Peter Asher、Simon Schama、Elvis Costelloも登場。ポールとリンゴとのインタビューは初公開。

 

Early Clues To A New Direction(18分)
集団としてのビートルズ、ユーモアの重要性、初期のライブや作曲における女性のインパクト、そして音楽的ムーブメントとしてのビートルズについて触れた特別フィーチャー。4人のメンバーと、Paul Greengrass、Stephen Stark、Peter Asher、Malcolm Gladwell、Sigourney Weaver、Whoopi Goldberg、Richard Curtis、Elvis Costello、そしてSimon Schamaが登場。ポールとリンゴのインタビューは初公開。

 

リバプール(11分)
1950年代後半及び1960年代前半のリバプールの初期の時代が、ファンクラブ秘書のFreda Kelly、初期のマネージャーのAllan Williams、そして複数の賞を受賞しているドキュメンタリー監督のLeslie Woodhead等、当時ビートルズと密に仕事した者たちによって蘇る。

 

The Beatles In Concert(12分)
5つの素晴らしく、そしてあまり観られたことのないビートルズのフルパフォーマンス。‘Twist And Shout’、‘She Loves You’、‘Can't Buy me Love’、‘You Can't Do That、‘Help!’

 

追加フィーチャー
Three Beatles Fans
Ronnie Spector and The Beatles
Shooting A Hard Day’s Night
The Beatles in Australia
Recollections of Shea Stadium
The Beatles in Japan
An alternative opening for the film

続きを読む≫ 2016/10/14 13:55:14

ビートルズのライブ・アルバム“THE BEATLES AT THE HOLLYWOOD BOWL”が2016年9月9日に発売される。
1977年に発売されたアルバムのリマスター版。
音源は1964年8月23日と1965年8月29日、30日、ロサンゼルスのハリウッド・ボウル公演を収録したもの。

 

<収録曲目>

 

1.Twist and Shout(1965年8月30日)
2.She’s A Woman(1965年8月30日) 
3.Dizzy Miss Lizzy(1965年8月30日/1965年8月29日--1曲に編集)
4.Ticket To Ride(1965年8月29日)
5.Can’t Buy Me Love(1965年8月30日) 
6.Things We Said Today(1964年8月23日)
7.Roll Over Beethoven (1964年8月23日)
8.Boys(1964年8月23日)
9.A Hard Day’s Night(1965年8月30日)
10.Help!(1965年8月29日)
11.All My Loving(1964年8月23日)
12.She Loves You(1964年8月23日)
13.Long Tall Sally(1964年8月23日)
14.You Can’t Do That(1964年8月23日--未発表)
15.I Want To Hold Your Hand(1964年8月23日--未発表)
16. Everybody’s Trying To Be My Baby(1965年8月30日--未発表)

17. Baby’s In Black(1965年8月30日--未発表)

続きを読む≫ 2016/07/21 13:17:21

リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドが2013年以来の来日決定!
【来日予定メンバー】
リンゴ・スター(Dr・Vo)
スティーヴ・ルカサー(G・Vo)
トッド・ラングレン(G・Vo)
グレッグ・ローリー(Key・Vo)
リチャード・ペイジ(B・Vo)
グレッグ・ビソネット(Dr)
ウォーレン・ハム(Sax・Per)

 

<公演概要>
大阪公演
10月24日(月)
オリックス劇場

 

名古屋公演
10月25日(火)
愛知県芸術劇場 大ホール

 

福岡公演
10月27日(木)
福岡サンパレスホテル&ホール

 

広島公演
10月28日(金)
広島文化学園HBGホール

 

東京公演
10月31日(月)
11月1日(火)
11月2日(水)
Bunkamura オーチャードホール

続きを読む≫ 2016/07/06 16:44:06

2016年6月14日、北アイルランド出身のギタリストで、元ウイングスのメンバーでもあったヘンリー・マッカロウが他界した。72歳だった。

 

ポールの追悼コメント。
「素晴らしいウイングスのギタリスト、ヘンリー・マッカロウが亡くなったと聞いてとても悲しい。彼と一緒に仕事するのは嬉しかったし、素敵なユーモアのセンスを持ち、非常に才能に恵まれたミュージシャンだった。彼が‘My Love’で弾いたソロは、彼がオーケストラの前で(突如)考案した名ソロだった。僕の家族から彼の家族に、深くお悔やみ申し上げます」

続きを読む≫ 2016/06/15 11:46:15

ポールのベスト・アルバム“PURE McCARTNEY”が発売された。
発売当日、しっかり届きました!
1970年のソロ・デビュー作“McCARTNEY”から、最新作’Hope For The Future’まで、ポール本人とポールのスタッフたちが厳選したベスト盤となっている。
CD4枚組のデラックス・エディション(全67曲収録)と、2枚組の通常盤(全39曲収録)の2バージョンがある。
届いたのは4枚組。。

 

 

続きを読む≫ 2016/06/10 11:37:10

Tassy's Park Top へ アルバムリスト アビーロードカメラ ビートルズクイズ